遺言書は、何度も作っても大丈夫なものです。
訂正もできます。

破棄しないといけないと決まっているわけではないですが、
相続人同士でどれが有効な遺言かわからなくなったりしますので、前作ったものは、処分する方が分かりやすいのではと思います。

作った遺言書の封をあけて訂正するのは、避けたほうが良いです。

なぜかというと、言書は、訂正方法も細かく法律で決まっているため、せっかく訂正した遺言書が無効な遺言書になってしまうかもしれないからです。

遺言書を書き直す場合は、面倒でも最初から書き直しましょう。

公正証書遺言を作成した場合、自分で保管している遺言書のみを破棄しても、公正証書遺言を取り消したことになりません。

公正証書遺言を作成した公正役場に行って新たに遺言書を作成しなおす必要があります。

公正証書遺言書を作るのは、お金と時間がかかりますので、なかなか簡単には、変更しにくいものです。

自筆証書遺言書は、自分で遺言書を書くことができる遺言書なので、書こうと思った時から書けます。

遺言書の方式に気を付けながら気軽に作ってみましょう。

書き直しも可能で、経済的にも助かります。

ただ、遺言書の書き方が法律で決まっていますので、お間違えないようにお願いします。