自筆証書遺言の検認って?

聞いたことがありますか?

これも民法に規定があります。

民法1004条遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なくこれを家庭裁判所へ提出してその検認を請求しなければならない。遺言者の保管者がない場合において、相続人が遺言書を発見した後も同様とする

2.前項の規定は、公正証書遺言については適用しない

3.封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人または、その代理人の立会がなければ、開封することができない。

難しく書いてありますね・・
民法ってなんでこんなに難しく書く必要があるのか? なぞですが。

自分で書いた自筆証書遺言を発見した人は、すぐに家庭裁判所へ提出して検認を受けないといけないということです。

公正証書遺言には、この家庭裁判所へ持って行く作業が要りません。
先ほどの民法の第2項にかいてあります。

封をしてある遺言書は、家庭裁判所で相続人過疎の代理人の立会が必要

ということは、相続人すべての方が集まって家庭裁判所へ行く必要があるということになります。

自筆証書遺言では、裁判所へ遺言を持って行かないで勝手にあけると5万以下の罰金(過料)になりますので気を付けましょう。