放課後等デイサービスを立ち上げたい方、運営でお困りの方へ

当事務所は、社会福祉士・行政書士が運営する事務所です。
また、経営・運営補助の経験もありますので、(現在も他事業所で行っています)
管理職が育たない等お困りの事業所様のお力になれればと思います。

放課後等デイサービスとは

放課後等デイサービスにて療育が必要と医師に診断された方が受給者証を申請し、取得することができる場合に利用することができます。
そのような療育が必要なお子様を対象に事業を行うのが、放課後等デイサービス事業となります。

放課後等デイサービスを使うことができる子

学校教育法第1条に規定している学校(幼稚園及び大学を除く)に就学しており、授業の終了後又は休業日に支援が必要と認められた障がいのあるお子さんです。(発達障害児も利用できます)

支援の概要

授業の終了後、または学校の休業日に、放課後等デイサービスの事業所に通っていただき、生活能力向上のために必要な訓練、社会との交流の促進、その他必要な支援を行います。

訓練室と相談室と事務室が必要

放課後等デイサービスの指定申請を行う前に、訓練室と相談室と事務室が必要となっています。
事前に各部署と協議が必要ですので、賃貸物件の場合等ご注意ください。