要配慮者利用施設の利用者に対して避難確保計画

水防法に要配慮者利用施設の利用者に対して避難確保計画の作成の努力義務が設けられていますが、川の氾濫等に備えて作成しておくようにと通知が出ている市町もあります。その市町で運営されている介護施設等では作成をしなければいけません。

水防法とは

洪水又は高潮に際し、水災を警戒し、防御し、及びこれに因る被害を軽減し、もつて公共の安全を保持することを目的として制定された法律です。

利用者様をお預かりしている施設(デイサービスや特養等)では、川の氾濫等に備えて避難確保計画及び訓練計画等を作成してあるとは思いますが、もう一度県から出ているハザードマップ等確認したり、研修を行い、訓練をしておけば、利用者様も安心ですね。

水害等の避難確保計画作成代行

どのように作成するか分からないという場合に作成代行も行います。
費用は別途お見積りですので、お問い合わせください。

水害の避難確保計画だけでなく地震等の防災計画も必要ですし、それを職員と共有することも必要になりますので、いざというときに、事前に色々用意しておけば良かったということがないようにしてほしいと思います。

TEL 053-585-0800

受付:月~金曜日(AM10:00~PM6:00)
(祝祭日休み)

FAX:053-533-3577

お電話・来所 原則の受付時間は朝10時から夜6時までです。

スマホの方は、タップしますと当事務所へ、お電話をかけられます。

あきは行政書士事務所 問い合わせ


営業日24時間以内に返信いたします。当事務所のメールフォームはSSLで送信していますので安心してご相談いただけます。