外国人が介護の現場でどう思われるのか?

在留資格がある外国人の方で介護職員を募集している際に応募があった介護の現場で
現場で字が書けないと記録が書いてもらえないと困る、
背が高く、威圧感がある、フリーの職員を一人付きっきりで配置する必要がある、利用者様に理解を得るのが難しいのではないか等の
意見があり、採用は見送りになったところがありました。
会話は問題ない方で、初任者研修も受講しており、やる気のある方でしたが、
外国人を配置するには相当の準備と現場の理解が必要だと思いました。

外国人介護職員は増加傾向

在留資格の介護が創設され、介護職員の慢性的な人手不足等によって外国人介護職員が増加しています。
統計など調べていませんが、入居者様の特徴を考えますと、特に老人保健施設や特養では増加できるのではないかなと思います。
障がい福祉サービスでは、採用のマッチングが難しそうです。
今後の動きに注視していきたいと思います。

行政書士・社会福祉士 さえこの一言

行政書士業務も行っていますが、最近は、福祉業務が増えております。
福祉に携われることにやりがいを感じています。
事業編成や事業再生するために、日々奮闘しています。

お問い合わせ

TEL 053-585-0800

受付:月~金曜日(AM10:00~PM6:00)
(祝祭日休み)

FAX:053-533-3577

お電話・来所 原則の受付時間は朝10時から夜6時までです。

スマホの方は、タップしますと当事務所へ、お電話をかけられます。

あきは行政書士事務所 問い合わせ


営業日24時間以内に返信いたします。当事務所のメールフォームはSSLで送信していますので安心してご相談いただけます。

各種専門ページ

あきは行政書士事務所HP
福祉事業開業・運営サポート専門ページ
児童福祉関連事業・保育所開業・サポート専門ページ
車の登録・車庫証明専門ページ
相続・暮らしの手続き専門ページ
離婚前相談・離婚協議書作成支援